入れ歯安定剤を使って入れ歯を使用しているとどうなる?

入れ歯でもよく噛める

入れ歯を使っている方で入れ歯安定剤を使われている方は多いと思います。

入れ歯を使ってこられた患者さんからは

「外れない強力な入れ歯安定剤を教えて下さい」

おススメの外れない入れ歯安定剤はありませんか?」

というご質問はよく頂きます。

入れ歯の違和感がひどい

 

入れ歯安定剤はあくまでも短期的にお使い頂くためのものです。

入れ歯安定剤は長期的に使っていると歯を支える骨にとってとても危険です。

入れ歯安定剤を使いますと、たとえどんなに合っていない入れ歯でも外れそうな入れ歯でも、強力にくっついて取れないようにすることができてしまうんです。

 

合わない入れ歯であっても外れそうな入れ歯であっても、

入れ歯安定剤を使って入れ歯を装着するとお食事ができてしまうんですね。

入れ歯が外れずに食事ができるならいいじゃないか?

と思われますよね?

しかし

合わない入れ歯を使い続けていると歯を支えている骨にとっては大変危険なことが起こります。

合わない入れ歯を使い続けると骨が溶けます

顎の骨が溶けるんです。

入れ歯は歯茎の上に乗せているだけのものです。

歯茎は肉なんです。

肉ですので当然、柔らかいです。

 

歯茎は場所によって少ししか沈まないところと簡単に沈むところがあるんです。

歯茎の場所によって沈む量が違うんですね。

 

歯茎の下には骨があります。

合わない入れ歯でガンガンとお食事をされると噛む力でどんどん骨が破壊されていきます。

過剰な力により骨が溶けるんです。

骨吸収と言います。

 

骨が溶けるとその上にある歯茎の肉もさらに変形していきます。

合わない入れ歯を使い続けると骨が溶け骨の上にある歯茎も変形してしまうんです。

入れ歯が合わなくなると感じられるのは当然のことなのです。

しかし、

入れ歯で硬いものを噛んではいけません

入れ歯で自分の歯の時と同じような食事をしてはいけません

とはどこの歯医者さんでも教えてくれません。

 

入れ歯が完成したらそれで治療は終了になっていることがほとんどです。

数軒の歯医者さんに行き入れ歯を作ってもらってきたが「どこの歯医者も入れ歯が下手なので合わない」と、

今まで作られたきた入れ歯をお持ち下さる方がいるんです。

 

しかし実は合わなくなった理由は歯医者さんが作った入れ歯が変形したわけでもなく最初は、どの歯医者さんに行ってもピタリ合っていたはずなんです。

入れ歯はプラスチックでできています。

または金属です。

そうそう、変形はしません

入れ歯はとても硬いのです。

 入れ歯が合わなくなった理由はあなたの歯茎と骨が変形したから、です。

 

入れ歯を本来の使い方を超えて使い続けたことにより歯茎が変形し骨がどんどん溶け、歯茎がさらに変形したのです。

ご自身の身体が変形したことにより、作った当時はピタリと合っていた入れ歯が合わなくなったこれが原因です。

入れ歯は柔らかい歯茎の上に入れ歯という硬いものをただ乗せているだけ、です。

入れ歯安定剤を使って外れないように密着させているだけ、です。

硬い入れ歯で噛めば噛むほど骨が溶け続けます

合わなくなった入れ歯で噛めば噛むほど骨が溶けるのです。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

入れ歯のさまざまなお悩みについてお気軽にご相談下さい。

入れ歯のさまざまなお悩みについてはご相談下さい。