かめない痛い入れ歯でお悩みの方へ

入れ歯の悩み

日本では65歳以上の約7割の方が
歯槽膿漏や虫歯などで歯を失っています。

失った歯の部分は

部分入れ歯やブリッジに置き換わり75歳以上の約3割を超える方が
総入れ歯を使用されているんです。

部分入れ歯

総入れ歯や部分入れ歯を使っている人は
世界でも2.4億人以上いるそうです。

そしてこの数は次の20年後には
2倍もの数になると言われています。

(※ジンマーバイオメットデンタル株式会社調べ)

吉本歯科医院にも噛めない痛いなどの入れ歯の
お悩みの方がご相談にお見えになります。

入れ歯で食べる時、かむと痛い
人前で話をしている最中に入れ歯装置が口の中で動いて話しにくい
入れ歯安定剤を毎日使っていて、食べ物の味がしない
食事の味がまったく美味しくない
人前で入れ歯がポロッと外れてしまって恥ずかしい
入れ歯が痛みがでるたびに歯医者に受診して調整してもらわないといけない

多くはこのような理由で
ご相談にお越しになられます。

 

患者の皆様が求めておられることは
ただひとつ

とにかく
噛めるようになりたい
人前で口元を隠さずに話せるようになりたい
笑えるようになりた
食事の味を「美味しい」と感じたい

です。

総入れ歯で長年お悩みの方は

噛むと痛い
外れる
口の中でガタガタ入れ歯が動くことで
悩んでいます。

 

噛める
噛んで痛くない
ということを実現するために
下側を安定させる
ということが重要なのです。

下側を安定させるというのがキーとなるのです。

これがインプラント入れ歯(オーバーデンチャー)と言います。
固定式総入れ歯とも言います。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

入れ歯のさまざまなお悩みについてお気軽にご相談下さい。

入れ歯のさまざまなお悩みについてはご相談下さい。